2013年02月21日

讃岐の国一の宮 田村神社

実は、香川県で知り合いの社長が神殿を作られて

その披露のパーティーに行った時に参らせていただいたのですが、

ここは、今までにないユニークな神社でした。

IMG_1029.JPG

狭い敷地の中にたくさんの神様がおられます。

IMG_1023.JPG

七福神、龍神、その他、もろもろ。

IMG_1027.JPG

干支にちなんだ置物?

写真にとっていない不思議なものもたくさんありました。

縁結びから、子授かり、病気平癒、お金が増える?

とにかくびっくりしましたね。

DSCN3773.JPG

なんとなくお金儲けの臭いがしてましたけど・・・

一の宮を巡っているといろんなことに出会いますね。





posted by ブンタ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国一の宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿波の国一宮 大麻比古神社

阿波の国一の宮「大麻比古神社」に行ってきました。

境内に入ってまず目に付くのは、大きな楠です。

この楠、樹齢が1000年近くあって、不思議な趣があります。

携帯の写真を撮ってみるととても不思議な光に包まれていました。

20130221_104240.jpg

本殿は、落ち着いた感じで、凛とした空気が流れていました。

20130221_104805.jpg

実は、僕の先祖は阿波の国出身なので、何となく身近に感じてしまいます。

神社では、お祓いをしてからお参りをします。

そのお祓いの言葉は、

「祓い給え、清め給え、守り給え、幸へ給え」という言葉を

唱えるといいようです。

それから、祝詞をあげるのですが、僕の場合は、

「ただ、ただ、感謝申し上げる」

という姿勢ですね。

「今日は、ここ阿波の国一の宮に無事に参る事が出来ましたことを、心から感謝いたします。」

こんな感じですね。

色んな一の宮を見てまわると不思議なことがたくさんあります。

そんなこともあわせてご紹介しますね。

DSCN3752.JPG






posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国一の宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

淡路国一宮 伊弉諾神宮

NHKのディレクターの方と知り合い、淡路島をめぐる機会を

いただきました。その時に色んな場所を回ったのですが、

何度もお参りしている伊弉諾神宮の新しいパワースポットを

氏子総代の方から聞くことができました。

DSCN3678.JPG

これもご縁ですね。

そこは、ゼロ磁場となっており、その場所に立つとチリチリと

音が聞こえてきたり、体が自然と揺れてきたりと、不思議な体験を色々とできるところです。

DSCN3707.JPG

ここは、教えてもらわないとわからないところでしたね。

そして、伊弉諾神宮を中心とした各地の神社、神宮の並び方が

とてもわかり易く解説した石碑があります。

DSCN3688.JPG

これを見ると実に不思議な配列ですね。

大昔の人にこの並びがわかっていたのがすごいですね。

人智を超えた何らかの力がないと難しいですね。


今回、淡路島を回ることになったのは、実は伊弉諾神宮にいくためではなくてこの場所での神事にあったようです。

DSCN3647.JPG

詳しくは書けませんが、ここは女人禁制がまだ続いている霊地です。

大きな石がおかれた岩倉には、強い神様がおられるようです。

そこで、神事をつかさどる方の導きで祝詞をあげていただきました。

人との出会いは偶然はありません。必然です。

結びつく人には何らかの意味があります。

今回も強くそれを感じましたね。

感謝です。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国一の宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。