2013年08月09日

いっこく堂スーパーライブって面白い

毎年恒例の新阪急ホテルでの「いっこく堂スーパーライブディナーショー」が昨日ありました。

いっこく堂さんと世界を回ったのが2004年からだったと思います。それから3年ほどかけて世界中に行くことができました。

アメリカ大陸から始まって、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、オランダ)アジア(上海 香港、台湾、タイ、フィリッピン、マレーシア、インドネシア)ブラジル、最後はハワイで公演してみんなでホノルルマラソンを走って終えました。

その年は、3月に動脈瘤破裂もあって大変な年でしたが、命のご縁があって最後のマラソンも完走(完歩)することができました。

CIMG7846.JPG

CIMG7857.JPG

人生には色んな岐路があります。絶望することもあるかもしれませんが、いつまでも悲劇は続かず新たな出会いもそこにあるものです。
人間万事塞翁が馬という故事もあります。
悪いと思うことも後から考えてみると良いことだったということもありますね。
人生前向きにとらえましょう。
「なんくるないさ〜」沖縄のこの言葉が大好きです。


posted by ブンタ at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

いっこく堂ディナーショー in 大阪

いっこく堂さんのディナーショーが、大阪のホテルでありました。

今回は、その影アナをしに行ってきました。

場所は、ホテルニューオータニ大阪さん、大阪城のすぐ近くにあり、

大阪ビジネスパークに隣接しています。

実は、家の近所の駅から地下鉄一本でいけることが、判明。

これは便利です。

ディナーは、午後6時半からはじまります。

そして、ショーが8時スタート。

影アナは、色んなインフォメーションとお願いをするアナウンスが

仕事になります。

舞台に上がらないので、影アナと呼ばれています。

ディナーショーなどは、原則写真撮影は禁止。

携帯の電話で写真を撮るのも、もちろんダメです。

そんな、アナウンスをさせていただきながら、

いよいよディナーショーがスタートします。ぴかぴか(新しい)

今のいっこく堂さんのショーは、映像を使った演出が

必ず入りますので、スタイリッシュです。

これも舞台監督の岩ちゃんのおかげ。ひらめき

元々、音響の会社の社長だから音には詳しいです。わーい(嬉しい顔)

一石さんの頼もしい味方です。

そして、ショーはお客様の爆笑を誘いながら

エンディングへ。グッド(上向き矢印)

最後に歌ういっこく堂さんの

「生きているだけでそれだけで」

その歌はとても優しさに満ち溢れています。ハートたち(複数ハート)

この曲で癒されている人はきっといることでしょう。

そして、フィナーレへ。

すぐに影アナ。ひらめき

いやあ、今日もいいディナーショーでした。グッド(上向き矢印)

グッド(上向き矢印)
posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

世界1のSHOW TIME 第4弾

いっこく堂さんが毎回出ているの世界1のSHOW TIME 第4弾

が9日にオンエアーされました。

前回の悔しさを晴らす快心の演技でした。

いっこく堂さんのこの日つけられたギャラは170万円超えてました。

素晴らしい事です。

そして、10日はポートピアホテルでディナーショーでした。

昨日の興奮冷めやらぬ感じで、お客様も大喜びでしたね。

今、これだけのショーをされている方は少ないと思います。

僕は、いっこく堂さんに挨拶をしに行きました。

いつも気さくに話をしてくれます。

今年から、来年にかけては本当に忙しいみたいで、

新しいネタや英語版など時間がないぐらいの忙しさだとのこと。

海外公演にいけるといいですねー。

大阪では、12月の1日にニューオータニ大阪でディナーショーがあります。

いっこく堂ファンの皆様、必見です。

ここから各地に回られるのです。

ニューオータニの情報はこちら

http://newotani-osaka.bizart.co.jp/event/post_51.html

今なら間に合います。

あのスーパーな芸をまじかでみてください。

\(^o^)/\(^o^)/

DSCN1214.JPG


posted by ブンタ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

10月になりましたねー

朝から、虹色ジーンでいっこく堂さんのロケを見ました。

ぐっさんと思い出の場所を巡られたり、自宅でのシーンなど。

いろんなことを知っている僕ですが、新たな一面を見たりしました。

宇宙人の新ネタも知ってはいましたが、実際に動いているシーンを

見て感動しましたねー。

今日は、神戸で司会のお仕事。

素晴らしい天気に恵まれました。

本番前にホット一息、お気に入りの場所でコーヒータイムです。

さあ、一日楽しみです。

顔1(うれしいカオ)顔1(うれしいカオ)太陽太陽


image-20111001102929.png
posted by ブンタ at 10:30| Comment(1) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

いっこく堂さんと久しぶりに再会

昨日、いっこく堂さんの講演が池田市でありました。

今回は司会としてお手伝いをさせていただきました。

その後、ホテルに入られてから晩御飯を一緒に食べに

僕の人生の師匠である、そば打ち松林さんに行ってきました。

ここの蕎麦は手打ちで湯がきたてを食べさせてくれるのですが、鴨ロースやなんかもとても美味しいのです。

いっこくさんも喜んでおかわりをしていましたね。

その後、コスタに行ってひとしきり盛り上がって楽しい

夜を過ごすことができて今日もハッピーな一日でした。

感謝

P1020491.JPG

ちなみに今回初めて食べた蕎麦寿司

ご飯の代わりに蕎麦がはいっています。

かなりいけます。

P1020492.JPG

そば打ち松林

梅田センタービルの地下一階
ポケモンセンターの横です。

土曜日の夜、日曜日はお休み(ビジネス街だから・・・)

posted by ブンタ at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

韓国ツアー3日目

さて、三日目はいいお天気にも恵まれて、市内の有名なところを回ってみました。

まず、景福宮から、ここは日本が統治をするまで王様が住んでいたところ、いわば皇居のようなところです。

P1020067.JPG

日本は、昔、韓国を統合したという時代もありました。

その前にもずいぶんとひどいことをしているようですが、その歴史の一部をこの宮殿も飾ったようです。

ガイドブックをもらって入ったのですが、しらないことが書いてあり、けっこうショックでした。

早い話が、日本人が王妃を殺害して燃やしたというのです。

その舞台となったのがこの宮だそうです。

いっこくさんとこれから韓国に進出するときはこういう歴史の背景も知っていないといけないね・・・・と話をしました。

P1020091.JPG


それから、東大門市場へと足を運んだのですが、すごい店の数です。

はっきりいってものを選ぶことができないくらいたくさんのものが売っています。

靴屋さんだけでも何軒あったのでしょうか?

すごいパワーを感じましたね。

P1020093.JPG

そのあと、いっこくさんはホテルでランニングをしにいったのですが、小生はもうひとつの大きな市場である、南大門市場へと足を伸ばしました。

ここでも数多くの路面店が並び、ものすごい活気です。

ここを散策しているときに夜の待ち合わせ場所の連絡がはいって、集合場所と時間が決まりました。

夜は地元に住んでいるスペシャルメンバーとディープな場所でご飯を食べることになったのです。

その方たちは、日本にもすんでいたそうなのですが、韓国語が自由に話せます。

だからこそ、地元の人が食べに行く場所に案内してくれました。

場所は東大門のひとつ手前の駅のそばの市場の中にです。

P1020107.JPG

そこでは、タラのなべをいただいたのですが、最高です。

白子も満タン、タラのみにチゲがしみこんでえもいえぬ味でございます。

しかし、辛い。でもうまい。

P1020105.JPG

この料理にはやはり焼酎が合うんですよね。

この焼酎をソーダで割ったりしてもいいみたい。

あっという間に完食。

P1020106.JPG

勢いに乗って次のお店に・・・・そこは前日にアリカワさんとご飯を食べたときに目をつけていた、チヂミのお店、

ここで食べたチヂミは実に美味でした。


P1020115.JPG

そして、最高なのがちぢみを焼いていたお母さんの笑顔。

10時ぐらいには店が終わりということで、一緒にマッコリを飲み始めました。

このマッコリがまた格別に飲みやすいのです。

皆さんの飲むペースがすごい。

何本明けたのでしょうか?

P1020113.JPG

それにしてもすごい熱気とパワーでした。

韓国の方の力強さは案外、食事にあるのかもしれません。

これだけ熱い国ですから、日韓戦で戦う野球の重みも違いますね。


そんなことを思いながらホテルへと向かったのでした。

やはり熱いぜ韓国!!

P1020120.JPG

86歳のおじいちゃんの吹くアルトサックスの音色がとってもよかったよ。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

韓国ツアー2日目

今日は、東大門に昼前に集合してご飯を食べることになっていました。

現地に11時ぐらいに到着してから東大門市場を見学です。

P1010975.JPG


この市場はすごい活気です。

鮮魚から、チョゴリ用の布、雑貨、さまざまなものが所狭しと並べられています。

そんな中で、優しそうなお母さんがやっていた、ビビンパを食べることにしました。

さまざまな香草が入っていて、いかにも体によさそうです。

P1010982.JPG

いろんな具を入れて、その上から辛味の薬味を入れていただいたのですが、実に体によさそうでした。

口の中がにらのようなにおいに支配されましが、韓国の女性が太った人が少ないのもこのカプサイシンのおかげかもしれませんね。

いっこくさん、ともども満足の昼食となりました。

その後は、韓国の世界遺産のひとつ昌徳宮に行きました。

韓国の王朝があった遺跡です。

すばらしい建物がよく保存されています。

P1010989.JPG

ずっと見学者が入れるわけではなくて、何回かに分けて入場させているようでした。

その建物もすばらしかったのですが、庭園がこれまた風情がありました。

P1020030.JPG

それから、二人で仁寺洞を歩き昔ながらの韓国のお土産屋さんを見たり、くもの糸のようなお菓子を食べたりしてすごしました。

P1020039.JPG

その後は、ミョンドンに戻って、しばし買い物です。

ここは、韓国の一大ショッピングゾーン、日本の観光客も必ず立ち寄るような場所です。

ここで、僕は一人で時間を過ごしたあと、夜ご飯はまたいっこくさんと合流して食べに行きました。

昨日は鳥と豚だったので、今日は牛だろうということで、ミョンドンの中の焼肉やさんへ・・・・

ここは、どうかと思ったのですが、結構地元の人が入っていていい感じです。

チジミとカルビとプルコギがセットになったメニューをオーダー。

P1020052.JPG

P1020053.JPG


食べ終わる頃にはお腹がパンパンになっていました。

実に動き回った一日でしたが、今日も無事に過ごすことができたことに心から感謝をしたいですね。

ますます韓国が好きななったような気がしました。


posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

韓国ツアー1日目

さて、いっこく堂さんとの韓国ツアーが始まりました。

P1010923.JPG

来年の韓国進出に向けて、その現地調査もかねて一緒にやってきたのです。

ところが・・・・・



なんと、


韓国の金浦空港から地下鉄に乗るときに全財産のはいった財布をカウウンターの上に置き忘れてきてしまったのです。


これには、参ってしまいました。

残ったのは500ウォンとパスポートだけ。


P1010936.JPG


ひゃあああああああ・・・・

やってもうた・・・・がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)



韓国で残りの金が、日本円にして50円ほど・・・

しかも初日・・・

がく〜(落胆した顔)


しかし、尾崎セミナーで習ったポジティブシンキングでラッキー・ラキー・ラッキー・ラッキー・・・・・・といいつづけていました。



そして、



しばらくしてあきらめかけていた頃、一本の電話が入りました。


金浦空港の地下鉄でお財布が見つかったというのです。



えー。ほんまに?

すごーい。ラッキー。わーい(嬉しい顔)

それから、もう一度、金浦空港まで戻り、地下鉄の事務所に行ったのです。

「財布を落としたものですが・・・・」

そうすると、

「そんなのは届いていないよ・・・」

ガビーン。でもホテルにはあったと電話がかかってきたのですけど。

「いやあ、ないね。」



そんなー、がく〜(落胆した顔)



またも落胆。



「あれ?これかな?」

なんと書類に埋もれて見えなった僕の財布が出てきました。

「有り難うございます。」カムサムミダ

てな具合でなんと落とした財布がその日のうちに出てきたのです。


いやあ、本当に韓国が好きになりました。

それにもまして、いっこくさんが

「大丈夫、いい行いをしている人には返ってくるから・・・」

といって励ましてくれたことがすごくうれしかったですね。


そんなことがあって、一気に気持ちは韓国大好きモードになりました。

なんていい国なんでしょう。


アメリカならまず戻りません。

中国でもわかりません。


さすが儒教の国、韓国です。


P1010946.JPG


そこから、テンションは高いまま、ミョンドンの待ち合わせ場所へ。

ここでは、いっこく堂さんのCDのジャケットを書いた、有川さんと待ち合わせて晩御飯を食べに行くことになっていました。


有川さんのお勧め料理をまず一軒目はミョンドンから歩いて15分ぐらいのところにある、タッカルビのお店に。

P1010948.JPG

ここのお店もほとんど地元の人だけで周りには日本人の方はいませんでした。

ここでいただいた、タッカルビ・・・うまい。


P1010953.JPG

ビールになんて合うんでしょう。

僕もいっこくさんも大喜びです。

P1010952.JPG

一通り食べてから、ご飯やさんのはしごをすることになりました。

二軒めは、そこから歩いて5分ほどのオギョッサルのお店。

ここでは、豚を焼いてそれをお餅にくるんでいただきます。

P1010958.JPG

P1010959.JPG

向こうに写っているのが有川さん。


P1010962.JPG

これまた、絶品。


うますぎる。



韓国料理は安くておいしい。

これだけ食べて全部で6000円ぐらいだった。

信じられない安さでしたよー。


そうそう、韓国のウォンに両替をするときは、日本でしないほうが得です。

日本ではほぼ、10000円で100000ウォンだったのですが、韓国のミョンドンの両替屋では124500ウォンに替えくれました。

こんなにレートに差があるのでは日本で替えて来たら損ですよー。


こうしてご飯をいただいてホテルまではタクシーで帰ってきました。

韓国のタクシーは安いのです。

2500ウォンぐらいでミョンドンから帰ってくることができました。

でも、運転手さんが怒っているように見えて仕方がありませんでした。

でも降りるときにいい方だということがわかって、僕もいっこくさんも一安心でした。

こうして、一日目が無事に幕を下ろしたのでした。


ホテルからスカイプで日本へ電話しました。

無料で通話ができるなんてすごいとおもいませんか?



韓国のみなさんの優しさに触れて感動の一日目でした。




posted by ブンタ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

いっこく堂ハワイツアー3日目

昨日公演が終わり実質的には、これからホノルルマラソン初挑戦日記となります。

CIMG7740.JPG

9日は、午前中にコースの下見を車でおこないました。
車で走ってもかなりの距離があります。しかも、ダイアモンドヘッドのあたりの登りはしゃれになりません。
完走は無理かなあとあきらめかけました。

CIMG7763.JPG

ラスベガスの森さんは今日、帰るのでお別れのランチ。ホテルの近所にあるレストランで食べました。

それから、残った三人はとりあえずワイキキビーチを目指しました。ハワイらしいところにまったく行けていなかったので、ここで初めて海を見ました。

CIMG7775.JPG

その後は明日の朝五時に行われるマラソンに向けてさまざまな買い物を行いました。

ハワイコンベンションセンターでは、このマラソンに来た方すべてが、ゼッケンをとりにきますので、少なくとも2万7千人の方は、ここに来る事になります。もちろん3日間に分けて来るのですが、ゼッケンを受け取った場所のすぐ横にはナイキのブースがあり、そこでシューズからウェア、ipodを使ったギアをはじめさまざまなものが販売されています。

なんか買わないと損のような気になってみんな買っていました。僕も翌日走るための速乾性のTシャツを買いました。
昨日も書いたとおり、雨が多いのでそのためにも即乾くというのは非常に重要なのです。

そのほか、血行がよくなるスプレーやシップ薬をサンプルでもらったり、マイDVDの申し込みを行ったのです。このDVDは自分が走っている姿を残してくれるという優れもの。オンリーワンのDVDなのです。

会場には有森裕子さんが来てサイン会を行っていました。やはり、人気は高いですね。

そんな会場を後にして、僕たちは晩御飯、ベトナム人が経営しているレストランでの食事を終え、明日に向けていよいよ準備が整いました。
明日は午前4時にホテルを出発です。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

いっこく堂ハワイツアー2日目

さて、二日目はいきなり本番となってしまったわけですが、ハワイに来てびっくりしたことがあります。それは雨が異様に降るということです。

今日も一日中スコールのような大雨が滝のように流れていました。その勢いはすごいです。こんな雨がマラソン中に降ってきたらどうしようかと思うくらいの雨でした。

いっこくさんとこの時期にマラソン大会を考えたのは閑散期で人の集まらない時期にイベントを作って集客をしたんだろうねーと話しておりました。

いずれにしてもすごい雨のときは、移動すら困難になります。
我々は、その雨の間隙を縫うようにハワイコンベンションホールに行って、準備をしたのでした。

会場は400人のキャパのところですが、とても使いやすい会場でした。係りの人もプロフェッショナルでやり手の方ばかりで、非常に作りやすい会場でしたね。

ショーは19時半ちょうどにスタートしました。
今回はラスベガスの緒川集人さんとのジョイントバージョンです。実に充実した内容となっておりました。

今日ごらんいただいたお客様は、よかったと思いますよ。
いつもより10分近く長かったっかなあ?それだけ二人とも乗っていたということでしょうね。

ショーは9時15分ぐらいに終了して、あとは記念撮影です。皆さんの笑顔がうれしかったです。

CIMG7729.JPG

それから、チームいっこく堂のメンバーはみんなで打ち上げです。近くの焼肉やでしっかりと頂ました。

こうして、ハワイ公演は無事に幕を閉じたのでした。
いよいよこれからは、ホノルルマラソンのテンションに変わっていくのです。しっかりと頑張って走りたいと思います。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

食べ放題のお寿司屋さん?!

さて今日は、東京で先日行った、食べ放題の
おすし屋さんのご紹介。

このお店は新宿のマルイの中に入っているテナント
なんですが、「雛寿司」という名前です。

オーダーシステムは簡単、一度にオーダーできる
お寿司の数は20巻まで。それ以降はなくなったら
オーダーできるということでした。

ここのお店にはその日のお勧めというメニューもあり、
さらにトロや、うにといった、高級お寿司も食べ放題
なんです。

そのお店に緒川集人さん、いっこくさん、らと一緒に
行ったのでした。

CIMG7522.JPG

CIMG7525.JPG

CIMG7524.JPG

すごい人は「うに」20巻とかの注文を出すそうです。
(確かに原価が高そうだ)

この日はそれぞれが40巻ぐらいのお寿司を食べて
お腹いっぱいになってしまいました。

CIMG7523.JPG

お薦めはホウボウ、サンマ、うに、といったところでしょうか。
その日の仕入れによって変わりますので、お店で確認を
してみてください。

飲み放題がついて、一人御予算5000円は破格のお値段です。
東京にはチェーン店もありますから、ぜひお試しあれ。
(お腹すかせて行ってね)(^_^)v

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-26 マルイシティ新宿CITY-1 8F

アクセス
JR新宿駅 徒歩1分 

TEL03-5367-3705 FAX 03-5367-3706

営業時間
11:00〜23:00(L.O.22:00) 

定休日
不定休 (マルイシティ新宿に準ずる)

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

いっこく堂中国ツアー終了

この日は朝早い出発でした。

6時半にホテルを出発。それから浦東国際空港へ1時間ほどかけて移動。そこから、ノースウエスト航空で成田に向かいます。

空港で朝ごはん代わりにカツカレーを食べました。

CIMG7515.JPG

飛行機は2時間半ほどで成田に到着。途中でかなりの揺れがあったもののあっという間のフライトでした。

ブラジルに行ったときのことを思うとずいぶん早かったですね。

おそらく大阪からだともっと早いんでしょうね。

上海はちょっと出かけるには、本当にいいところかもしれませんね。

こうして無事に今回のツアーも終わりました。

今日から僕は東京で3日間すごします。

そのホテルがTBSの前にある「B」というホテルなんですが、このホテルには以前神戸のホテルで働いていたM氏がいることが、直前にわかって部屋をお願いしました。

とてもスタイリッシュな部屋でシャワーしかないのです。
もちろんLANも完備しています。

そのM氏と12年ぶりぐらいにお会いして、食事をしました。
TBSの近所のイタリア料理店です。

ここのトマトソースを使ったつぶ貝の料理はいけましたね。
このあてにワインを飲んで、あとは赤坂の町へくりだしていたったんですが、やはり、人間関係は大事ですね。今日はつくづくそれを感じました。

10年以上あっていない人に連絡をとってみよう。
そんな前向きな気持ちになれた一日でした。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

いっこく堂中国ツアー4日目

ツアー4日目

今回の日程で唯一の休養日。

上海の町へ出てみました。

CIMG7492.JPG

ここは上海でも目抜き通りで有名なところです。たくさんのブランドショップが軒を並べています。それに百貨店もあるんですね。

まずはブランチを小久保マネーシャーと食べようということになったのですが、もちろん中国語はできませんから、筆談です。

メニューに書いてある漢字を想像しながら、「鉄板炒飯」「香茜牛肉面」というのをオーダーしたのです。

その面がこちら・・・

CIMG7488.JPG

お味は・・・カレー味でこれがまたうまい。

中華にはずれなしです。

しかも思いっきり安いのです。

二つのメニューを頼んで15元、日本円になおすと250円ぐらいでした。

そのあと、スターバックスにコーヒーを飲みに行ったのですが、2杯で50元、日本と変わらなかったですね。

やはり、外国文化は高いのかもしれません、でもそこに行けるのが上海の若者のステータスなのかもしれませんね。

この日は夕方から、日本式の焼肉を食べに行きましたが、これが実においしくて・・・しかも日本と比べるとお安いのです。

お肉もいい具合に焼いてくれます。
それをまっていればいいのです。

この日の超おすすめは、野菜サラダ、このドレッシングがほんまにうまい。この味を再現するのは難しいかも知れませんね。

こうして、上海最後の夜は更けていったのでした。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

いっこく堂中国ツアー3日目

ツアーの3日目

CIMG7434.JPG

この日は朝の8時半にホテルを出発。

今日の日程はかなり厳しかったのです。

午前中に上海日本人学校の講堂で2回の講演となりました。

会場にはぎっしりと子供たちと親御さんがはいっていました。

けっこう駐在の方は入れ替わりがあるみたいで、

今回が3回目の上海講演ですが、まだ見たことがない

子供たちもいたようです。

講演が終わって皆さんと記念撮影です。

CIMG7440.JPG

30分の休憩で2回目を行い、それから飛び出しで

蘇州への車のたびです。1時間半の予定だったのですが、

実際には2時間半かかっていしまい、お昼の時間が

かなり厳しかったです。

それから、急遽マイクセットを作り、会場の準備を行って、

3時からの講演、蘇州にいっこくさんが来るのが初めて

なので、かなりの方が見に来て下さいました。

行きの時間が厳しかったので、またも終了後に飛び出しです。

帰りもやはり2時間半以上かかりました。

その結果、会場に到着したのが、6時30分を回っておりました。

それから大慌てで準備を行い必死のぱっちでなんとか公演に

間に合わせました。

会場のお客様は大喜びで見ていただいたようです。

今回の公演もたくさんのかたに楽しんでいただきました。


終了後、みんなでの打ち上げです。

日本人の方がされている、紹興酒バーのようなところです。

CIMG7449.JPG

今が上海ガ二の季節なんですよね。

ちょうどメスガニがおいしい季節になってくるんです。

そこで上海蟹をゆでていただきました。

CIMG7455.JPG

おいしーい。かに。

でも身が小さいのでそんなにたくさんは食べれないんです。

ここの料理は何を食べてもおいしかったですね。

こうして上海のかなり厳しい一日は無事に終わりました。

蘇州への車があと30分遅れたらアウトの日程でした。

よかった。よかった。

いつもお天道様にみまもられているチームいっこく堂なんですよ。

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

いっこく堂中国ツアー2日目

ツアーの2日目

CIMG7308.JPG

すばらしい天気

ホテルの近所を散歩。
お茶の販売店に行って試飲します。

CIMG7313.JPG

このお茶が本当においしいんです。

思わず購入してしまいました。


今日の公演は夜ということで、昼の時間に近くを観光することにしました。

そこは、上海の近所にある昔ながらの街並みが残っている場所で「朱家角」というところです、中国の方々のいわば観光名所のようなところです。

CIMG7326.JPG

古い町並みにはおみやげ物屋さんや、食べ物やさんが並び、独特の風情をかもし出しています。
そして、その中心街を流れる川を船に乗って渡るのがとても気持ちがいいのです。

CIMG7342.JPG

CIMG7365.JPG

CIMG7331.JPG

ここには、古きよき中国のよさがあります。

そして、この後は上海に戻ってお仕事です。

この夕日の景色・・・

CIMG7398.JPG

これが現代の上海の様子です。
高いビルが空を狭め、車の排気ガスが街を覆っています。

裕福な人はますます裕福に・・・

上海の交通事情はひどいですよ。
車は決して止まりません。人が優先なんて言葉はありません。
日本と同じ感覚だと車にひかれてしまいます。


夜の公演も無事に終了。

晩御飯はシャングリラホテルの中華をいただきました。
ここの中華は実にうまい。
上品な味でした。

CIMG7407.JPG

カレイのから揚げの上にそぼろのようなものを乗せていただく料理、これはうまい。

こうして、2日目のツアーも無事に終了したのでした。



posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

いっこく堂ブラジルツアー終了

ワシントンについて近くのホテルに宿泊し、翌朝は8時半ごろに出発しました。

さわやかな朝の雰囲気で記念撮影。

CIMG7257.JPG

それから、ダイ・ハード2の舞台となったダレス空港へタクシーで向かいます。

ANAのカウンターはまだオープンしていなかったのですが、ここでチケットの交換をしてもらい、安心のフライトです。

久しぶりの食事を食べました。
メキシコ料理がベースの朝食で、タコスのような味でしたね。

CIMG7258.JPG

後は、出発までラウンジですごして帰国の途に着きました。
ワシントンを出たのが23日の12時30分ごろ、そして成田に着いたのは翌24日の14時30分ごろでした。飛行機の中では映画を一本。
「ワイルド ホッブス」中年の男たち4人の自由を取り戻すためのバイカーの物語。結構笑えます。

成田空港でいっこくさんとの次回の再開を約束して帰りました。

CIMG7261.JPG

小生にはまだ成田〜伊丹が残っています。
成田のラウンジになんとシャワールームがついていまいした。
これは快適です。ぜひ活用してほしいですね。

CIMG7264.JPG

成田から伊丹には小さな飛行機です。
2列2列のこの飛行機はバスでの移動。そして、タラップを登って飛行機に乗る形です。

CIMG7266.JPG

旅の最後はきれいな夕日の写真で締めくくりです。

CIMG7267.JPG

今回は実にフライト時間が長かったというのが第一印象。
やはり、地球の反対側にいくのは大変だということです。

そんな中で出会ったさまざまな方々に感謝をいたします。
サンパウロ新聞の鈴木さん、コジョウさん、サンパウロの空港で出会った島田さん、ほんとうにありがとうございました。

皆さんのおかげで無事に終えることができました。
感謝・感謝・感謝

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

いっこく堂ブラジルツアー5日目

ブラジルツアー5日目

昨晩、空港へ行った僕たちを待っていたのはとんでもないアクシデントでした。

CIMG7233.JPG

まず夜の11時過ぎのフライトですが空港へ着いたのが7時、時間がかかるということでしたので覚悟はしていたのですが、そこからまずチェックインに時間がかかりました。

今回はいっこく堂さんと一緒ということもあり、エコノミーではない場所でのチェクインだったのですが、それでも並んで発券をしてもらうのに1時間はかかりました。ちなみにいっこくさんとマネージャーさんは別室に行ってスペシャル検査を受けたようです。

それから、さらに出国の手続きの場所に並ぶのに1時間半はかかり、税関を出るのにさらに30分以上はかかりました。

すでに、夜も10時をまわり、あと一時間ほどでフライトだと思っていたので、ラウンジを出てゲートにやってきました。そこでじっと飛行機の出発を待ってたのですが、出発時間を過ぎてもまだ搭乗が始まりません、それどころか、何のアナウンスメントもなかったのですが、夜の11時30ごろになって、突然、機材のトラブルが発生してフライトがキャンセルになったのとのアナウンスが流れました。

ここから帰る3人はいっこく堂さんマネージャーの小久保さんそして、僕とみんなポルトガル語は話せないんですからさあ困りました。なんとか英語でやり取りをしてホテルを押さえてもらったのですが、結局そのホテルに行くバスを待っている間にラウンジで休もうということになり、大きな荷物を抱えたまま、ラウンジでの一夜を過ごしたのでした。

CIMG7236.JPG

3年間ツアーを経験していて、初めてのことでした。

いっこくさんの隣には見知らぬブラジルの女性がソファーに寝転び、僕も床に毛布をひいて仮眠をしたのでした。後は、日本とのやりとりです。実は翌日に本番の仕事があった僕は、このフライトがディレイしたために、ANAの乗り継ぎができずに、その仕事ができなくなったのでした。

急遽、日本のスタッフに事情を話して司会をしていただく人をさがしてもらい、なんとかバトンタッチをすることができました。その司会の方も僕のよく知っている「イドマキ」さんだったので、安心してお任せできました。それから、国際線の手配のし直し等を携帯電話の国際電話でしていたのですが、かなりの時間がかかったので次回の請求が怖いですね・・・・

そうこうしているうちに朝になり、昨日持っていたチケットでそのままフライトをすることができたのですが、当初10時45分発のフライトが出発したのが、13時15分というとんでもないまたもディレイ。ええ加減にしてほしわ・・・と思いながらワシントンにやってきました。

ワシントンに着いたのはその日の夜の9時を過ぎていました。またも宿泊です。アメリカの森さんに空港近くのホテルをとってもらい、3人でそのホテルまでタクシーで移動。チェックインをしたのが夜の11時ごろになってしまったのです。

CIMG7255.JPG

そのホテルはいわゆる車を使うかたがたのためのホテルでモーテルに近い形でした。部屋にはミニキッチンがついており、いろんなものを買い込んですごすには快適そうでしたが、我々は空港から直接来たために、水もなくて、かなりストイックな一晩になりました。

こうして、ブラジルツアーの5日目は思わぬアクシデントに見舞われた一日となったのでした。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

F1グランプリ ブラジル最終戦

フェラーリの車の速さが目立ったF1

なんと現地で見てきました。

CIMG7191.JPG

泊まっているホテルからは電車で10分ほど、近かったです。

しかも駅から歩いて10分ほどでF1の会場です。

こちらのエグゼはヘリコプターで会場に行くようです。駐機場があってそこにヘリコプターが並んでいたんですよ。

CIMG7203.JPG

ブラジルの応援団がかなり盛り上がっています。
MASSAの応援団がウェーブをしながら声援を送ります。

いよいよ始まったF1最終戦。

なんといっても早いのがフェラーリです。

CIMG7207.JPG

ほかの車と明らかにスピードが違うのです。
一度スタートするとあとはそんなにアクシデントもなく
淡々と進んでいきます。

F1はスタートまでの緊張感と第一コーナーまでのバトルがやはり面白かったですね。

ブラジルの最終日にみれたF1、心に残る思い出になりました。
posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

いっこく堂ブラジルツアー3日目

サンパウロでの三日目、今日はいよいよいっこく堂さんのショーが行われます。

CIMG7157.JPG

一回目の公演が10時始まりだったんですが、8時半ごろ着いた時にはすでに会場内に何人か座っていましたので、びっくりしました。
幸い昨日に音のチェックをしていたので大丈夫でした。

朝が早いのでそんなに入らないかなあと心配しておりましたが、結構お客様に入っていただきました。なんでも総領事さんもお越しいただいていたようです。

緒川集人さんからショーはスタートしたのですが、いつものテイクオンミーの曲にのっての演技です。

緒川さんはラスベガスに住んでいるプロマジシャンで、マジックキャッスルという世界中のマジシャンの憧れの場所で、ショーを行い、見事に2003年と2006年に世界一の称号を獲得しています。

この賞の値打ちはマジシャンなら誰でも知っているような誉れです。つまり、彼はプロのマジシャンがあこがれる存在なのです。
セロさんは名誉賞のような表彰だったようです。実力で勝ち取った彼はほんとうにすごいのです。

ショータイムも1時間45分ほどで無事に終了しました。
お客様はかなり喜んでいただいたようです。

CIMG7162.JPG

一部が終わって近くのホテルで昼食をとり、昼からのショーに備えました。

14時からのショーはかなりのひとでしたが、一回目よりもスピーディーな展開で飽きることなく見ていただきました。

こうして、いっこく堂ボイスイリュージョンツアーインサンパウロは無事に終わったのでした。

CIMG7164.JPG

今はショーが終わってほっと一息ついたところです。

明日は、夜まで自由行動です。そのあとアメリカ経由で帰るのですが、サンパウログランプリが行われいるので、一度行ってみようと思います。

もちろん切符は持っていないので、うまく買えれば見たいですね。
また報告しますね。


続きを読む
posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

いっこく堂ブラジルツアー2日目

2日目のサンパウロの景色
毎回部屋からの景色をアップするのですが、この街の雰囲気はフィリピンのマニラを思わせます。

CIMG7081.JPG

サンパウロの気温は20度前後と非常に過ごしやすいですね。季節は春です。まさに日本とは反対の気候です。

今日はサンパウロ日本人学校への表敬訪問、いっこく堂さんのすばらしいところは、世界中の子供たちへの夢をどこでも届けていることです。
これまでに行った日本人学校はいったい何校になるのでしょうか?
世界中の日本人学校でいっこく堂さんのサインが見れますよ。

CIMG7101.JPG

150人ぐらいの小学生から中学生までが会場に集まってくれました。
みんな真剣なまなざしで、いっこく堂さんの芸や話をきいています。

CIMG7084.JPG

小学校では子供たちが作ってくれたカレーライスを食べました。
教室で一緒に食べたのですが、こんな風に子供たちと一緒に食べるのはほとんどありません。
新鮮でしたね。

そのあと、昼からは老人ホームへの慰問です。

CIMG7125.JPG

ここには、ブラジルに入植した一世の人たちがたくさん入っておられました。
おそらくその苦労は筆舌に尽くせないようなものがあったと思います。
そんな皆さんの前で腹話術を披露して喜ばれました。

こうしてこの日はあっというまに過ぎたのですが、サンパウロは移動が車で、かなりの渋滞を潜り抜けて進まなければなりません。
一時間二時間の車の移動は当たりまえです。

夜のご飯はサンパウロ新聞さんのご紹介でシュラスコで有名なお店に行きました。

CIMG7137.JPG

ここの名物シュラスコは、すごいボリュームです。
次から次にいろいろな部位の肉が出てきます。
全部はどう考えても食べれません。
残すのが当たり前なんだそうです。

CIMG7144.JPG

ここで飲んだピンガーというお酒はきつかったですね。
あっという間に睡魔が襲ってきたのでした・・・

ブラジルの夜はあっという間に過ぎていくのでした。

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | いっこく堂さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。