2013年07月05日

マン・オブ・スティール

夏休みの試写会ラッシュなう。
imagesCAD5U4KT.jpg
さて、今日の作品は公開が8月30日と少し先ですがとんでもない作品が登場したので行ってきました、なんばパークスシネマ。久しぶりのミナミは血が騒ぐぜー。
バット・マンという映画のシリーズがあったのを皆さんは憶えていると思う。そして、クリストファー・ローランという監督がそのシリーズをダークナイトシリーズに作り変えて絶大な人気を博した。今までのヒーロー像ではなくて生身の人間の悩みや苦しみ、より現実に近い形で描かれていた。
今回の「マン・オブ・スティール」直訳すると「鉄の男」である。それならアイアンマンという映画があったじゃないかと突っ込みをいれたいところだが、またもクリストファー・ノーラン監督がやってくれました。(今回はプロデゥーサーです。)なんと、スーパーマンのことであった。今までのスーパーマンではない新しいスーパーマンの誕生が今回の映画。
クラーク・ケントがどんな人生を送ってきたのか、おやじの教え、家族の絆、そんな今まで描ききれていない部分に光を当てながら地球外の敵(クリプトン星の生き残り)と闘っていく。その超壮絶な戦いはCGとはいえ迫力いっぱい、これまた3Dでの上映ということで手に汗にぎる戦いでありました。
それにしても、お互い素手のケンカですが、地球人には迷惑な話やなあと、見終わったかわいい女子がつぶやいていた。ほんまやなあ。
この作品は、僕的にかなりお勧めですぞー。ぜひ大きな劇場で見よう。

2013年8月30日公開、夏休み終わる直前に見てしまおう。9月1日の映画の日に一番入る作品かもしれないなあ・・・・

見終わったあと、映画業界の大先輩とミナミを徘徊。
しばらくぶりのワインで盛り上がっておりました。
感謝です。


posted by ブンタ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブンタさん、いつもいろんなところで拝見していますが、blogでは初めましてです<(_ _)>
クリストファー・ノーラン(ノーランですよね?)監督の作品はダイスキなので、このスーパーマンも楽しみにしています(*^.^*)
なぜ夏休み終盤の公開日なのか不思議ですね…
試写会レポありがとうございました!
Posted by あいなのスキンケア日記 at 2013年07月09日 11:25
あいなのスキンケアさん、コメントありがとう。打ち間違っていました。サンキュウです。これからも頑張ってね。
Posted by BUNTA at 2013年07月24日 09:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。