2012年10月11日

人生の特等席

クリント・イーストウッドの最新作品、「人生の特等席」を見てきました。

人生の.jpg

長年、大リーグのスカウトをしてきたクイント・イーストウッド。彼には、なくなった嫁との間に一人娘がいた。その彼女は弁護士事務所で活躍をしている。そんな娘を誇りに思う父、しかし、なかなか娘との溝はうまらない。
自分の気持ちを素直に伝えられない父、そして、素直に聞けない娘。
やがて老化から迫ってくる視力の衰え、スカウトとしての現役引退が近づいてくる。
そんな時に、父と娘の人生の特等席を探してのスカウトの旅が始まる。
二人は、そのシートを見つけることはできるのでしょうか・・・

どうしてクイントイーストウッドは、こんなに素敵な映画が作れるのだろう。
自分が主役でいながら、その老いを映画の中に見事に生かしながら人生とは何なのか?
本当に大事なものはいったいなんであるのか?を見つめさせてくれる作品です。

ともすれば忙しすぎて家族を見返ることもなく働き続けるお父さん。
帰っても自分の居場所すらないようなお父さんもたくさんおられる。
また、子供たちとコミュニケーションがとれない父もいるだろう。
そんな、お父さんにとって、家族を考える題材としてよき映画であると思う。
僕にとっても娘との絆は、切ないものがある。

人生という川の流れの中で目には見えないけれども誤解がうまれ、やがてすれ違ってしまうこともあるのかもしれない。もう一度、向き合って自分の人生を見つめるのも秋の夜長には良いかもしれない。

この作品「人生の特等席」は11月23日よりロードショー。
胸の中でぽっと暖かい火がともるような映画です。



posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみした映画
Excerpt: 映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ ..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-12-11 07:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。