2008年08月06日

佐々木秀実ディナーショー

新阪急ホテルでシャンソン歌手の佐々木秀実さんのディナーショーがありました。ひょんなご縁で知り合った方のご紹介でこのショーを見せていただきました。

sasakihidemi.jpg

佐々木秀実さんはシャンソンを歌い始めて10年ぐらいたつそうです。去年NHKで放送された「ちりとてちん」の中で挿入歌として使われて放送局に問い合わせがかなり来たようです。

ディナーショーの中でもやはり印象に残っているのはエディト・ピアフのナンバーですね。フランスをいや世界を代表する彼女の生き様を描いた映画が去年公開されて鳥肌がたったのを憶えております。

それから大阪出身の河島英五さんの歌っていた「生きてりゃいいさ」という歌もずっしりと心に響きましたね。

何があっても生きてりゃいいさ・・・という歌詞に込められたメッセージはとても感銘しました。

佐々木秀実さんの歌声はとてもパワフルで歌の中の台詞や仕草はまるでそこで行われている男と女のやり取りを見るようでした。

それでいてフリートークはけっこう三の線で、面白かったですね。

かなり充実した1時間10分のショーでした。

すばらしい歌声に感謝です。

多謝


posted by ブンタ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピアフはホントに素敵ですよね。
意外にシャンソンに興味があったとしって
ちょっと親近感湧いちゃいました^^
Posted by じゅんご at 2008年08月07日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。